<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

新銀英伝 第12話(最終話)

[ アニメ ]

では 最終話感想です。
…予想通りと言いますか、やっぱり
アムリッツァ前哨戦で終わらせたな、と。
ネット上では「こんなところで切る!?」
という意見も多いようですが。
いや もしかして、とは思ってたんで
全く不思議なし。
「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わらせる
近頃多いパターンです…

アバンタイトルは先週の場面のリピート。
…そんな時間あるのか、さっさと先に進め
と思っていたのは私だけなんでしょうか。
ということで帝国軍の大逆襲が始まりました。
ウランフ提督お疲れ様でした。最終話でほんの
わずかに登場(OPにもEDにもいるのに、
ここまで出なかった)アッテンボロー。
第10艦隊の残兵率いてるってことは、実質
アムリッツァがヤン指揮下の最初か。

ボロディン提督も自決。さあ 第13艦隊の
番ですってとこで、出てきました ポプラン&
コーネフの撃墜王コンビ。
技術少佐に食って掛かるところも「食料が
足りなくて」と言われたらあっさり「そうだよな、
悪かった」…いや 何その物わかりの良さ。
ポプランじゃない…(ただのイケメンにしか見えない)
前作アニメでは止める役はコーネフでしたが、
原作じゃシェーンコップなのになあ…出番ない
じゃないか。

しかし 原作にも前作アニメでももう少し
元撃墜王だけにそこそこ空戦対策を指示してた
はずのケンプさん、ただのやられ役。
第9艦隊と交戦中のミッタ―マイヤーは
この戦いで『疾風ウォルフ』の異名がつくのに
相手の将から「まさか『疾風ウォルフ』」と
呼ばれる始末(まだ そう呼ばれとらんわ、
とTVに突っ込みたかった)。
相手が誰か知らないはずなのに『老練』という
言葉が出るロイエンタールと言い…(まあ、
相手ビュコックさんですから正しいけど)
帝国側の設定の説明もかなり端折りまくりでしたし。
(あ、ルッツとメックリンガーの旗艦名が
変わってました…後は一緒)

極めつけはキルヒアイスに敗走させられ、その後
出番がなかったホーウッド提督がキルヒアイスと
交戦中のヤン艦隊を逃がすために寡兵で突っ込んできて
ヤン艦隊の3倍いるキルヒアイス艦隊に猛攻を
しかけるオリジナル場面まで。
…だからいらんことしなきゃ、アムリッツァ終結まで
ちゃんと描けたでしょうよ、12話でも。
多分 (声優の)梅原さんが病気療養入られて
からの収録だったんでしょうが、キルヒアイスの
セリフ一言もなし。出番が多かったのに。

とりあえずお疲れ様でした…
来年の劇場版 頑張ってください、という
気持ちでした。見に行くかどうかは
別問題ですけどね…

2018.06.27 Wednesday 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新銀英伝 11話

[ アニメ ]
リアルタイムはサッカー日本代表が
優先でしたので、動画で見ました
新銀英伝11話「死線(前編)」。
では 感想行きます(これも来週
までですけどね…)。

とりあえずイケイケドンドンで
帝国領内に侵攻してくる同盟軍。
占領地が増える=領民の糧食を保証
しないといけない…
しかし これ、初見の人たち 何で
辺境地区の帝国の市民が飢えてるのか
分かんないんじゃないの?説明ないし。
原作や前作アニメではそこ説明ある
んですけどねえ…
(実際は 帝国軍の焦土戦術で、わざと
食料などを徴収して市民飢えさせてます)

キャゼルヌさん、ヤン、出兵反対派だった
政治家の方々etc…皆 その理由を理解してる
のですが。実績あげなきゃいけない
総司令官ロボス元帥、出兵賛成はの政治家、
とほほ軍師フォーク准将…分かってません。
と言う事で現地調達しろ、となりました。
(飢えてる人たちから徴収したら…どうなる
かは一目瞭然)

ヤンはウランフ&ビュコック両提督に余裕の
あるうちの撤退を進言しますが…(その2人は
支持してくれる)肝心の総司令部からの
許可が下りず…フォーク准将、ヒステリー
起こして、退場(←とりあえずは)。
ビュコックさんの突っ込み具合が楽しかった。

そして、ついに帝国一般市民と同盟軍との
間が暴発。抗争が始まってしまいます。
そのタイミングを見計らった帝国軍
(ラインハルト陣営)、満を持して出撃です。
やけに長いな、この出撃場面…恰好良いけど。
ケーヒニス・ティーゲルまで名前変えない、
と思いたいけど…同盟の諸提督の旗艦名が
変わっちゃってたので…「え?あれ??」
となりました(流石にヒューベリオンとリオ・
グランデは変わりませんが)。帝国側は
旗艦名が出てこなかったので判明せず。

次回TV版最終回「死線(後編)」。
始まりますね、アムリッツァ前哨戦。
本番始まるまでは時間的に無理でしょう。
確か劇場で流すのは2019年以降。
…1年近くアムリッツァ直前で放置!?
前作の「新世界より」第4楽章での
戦闘場面を超えるBGMがでるとも
思えないしなあ…(ハマりすぎて、
アムリッツァの回はお気に入りだった
んです、私)
まあ とりあえず来週を楽しみにしときます…
 
2018.06.20 Wednesday 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新銀英伝 第10話

[ アニメ ]
では恒例の感想です。
第10話「幕間狂言」です。
トップバッターはフェザーンの
黒狐ルビンスキーと帝国弁務官
レムシャイド伯。…何 このおかっぱ頭。
この人後に某正統政府の首相…
まあ、いいか…
で、場所移ってオーディン。
リヒテンラーデとゲルラッハの会話。
ラインハルトを利用して後から処断…
フラグ立てまくってるな…いいけど。

そしてようやく同盟軍最高会議に突入。
ヤンの心ここにあらずってのはよく
分かりすぎて…シトレさんも嫌そうです。
ロボスさん、ほんとにモブキャラ扱い。
そして登場 フォーク准将。
ヤンが慎重論を唱えると庇ってくれる
ビュコックさん。
補給線の話になったらキャゼルヌさんが
頑張る。…しかし そういう意味では
後方勤務がほとんどで若くして少将って
本当に凄いんですけどねえ。
艦隊司令官のお歴々登場。
何だろう、このヒゲのおっさん率の高さ。
そして志気の低さ…まあ あの大ざっぱ
作戦じゃ当然というか、無事にすむわけが。

そしてようやく登場、ラインハルトとその
麾下の艦隊司令官達。こっちはやる気満々。
同盟軍の6割とも言える3000万の将兵が
帝国領に足を踏み入れたところで今週は終了。

来週はラインハルトサイドの策にハマった
同盟軍が…の始まり、始まり。
11話が「死線(前編)」である以上、
シーズン1のラストはアムリッツァの前哨戦で
終りですね。また半端な所で。
アムリッツァ見たきゃ劇場へ来い、という
パターンか。多分 行かずにディスク化を
待つと思いますけどね…?
2018.06.15 Friday 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新銀英伝 第9話

[ アニメ ]
とりあえず今回の話で理解しました。
…この第1シーズンで原作1巻を
終わらせる気がないのだろうと。
残り3話ですがアムリッツァまで
行くかどうかも疑問。

あ 前回の8話の小ワープ?と言ってた
件については再度見て、そうではなく
「艦隊本体の後ろに旗艦を置いてたカストロプ公
だったが、艦隊本体が穴の外に出たところで穴をしめ
旗艦の鼻先にバルバロッサを持ってきた」という
解釈ですね…多分。ただ言いたくないが、帝国では
専用旗艦与えられるのは大将以上の設定のはず
なので(ブリュンヒルト下賜の際に明記されてる)、
少将のキルヒアイスが専用旗艦持ってるのは
おかしいです。

では今回の第9話「それぞれの星」感想。
アバンタイトルでジェシカがヤンを訪ねて
きてユリアンと出会う場面が描かれてました。

最高評議会の帝国領侵攻作戦決定について
はまあ…この頃はレベロさんもホワンさんも
まとも。というか2人とも良心的な政治家
なんですよね…のちにレベロさんは…と思うと
悲しいですが。
トリューニヒトはうまく立ちまわってます。

さてヤンが辞表については…まあ第13艦隊どうする
のかと言われ、反論封じられましたが、これは当然。
シトレさんごもっとも。即ではないにせよ、
却下されたあげく昇進でしたね…
グリーンヒル大将、初登場(そういやこの話、
後に悲劇的終焉を迎える人物が2人出てるのか)。

帰り道の車がシステムで止まってしまい、歩いて
帰ることになったときに歩きだしたヤンに
ユリアンが「そっち反対方向です」
と言う場面はなかったですね…
そして残りの場面はジェシカの演説で終わり。
…旧作の「ジェシカの戦い」の話だったと
思うべきでしょうか、今回。

今話で同盟軍上層部による帝国領侵攻作戦の
会議まで行くのかと思ってたので気が抜けました。
フォーク准将登場は次回ですか。(声優誰だろうなあ)
でも 個人的にはウランフ&ビュコック登場に
期待してます…(笑)

来週は「幕間狂言」だそうですので、
同盟軍会議とフェザーンからの情報で
同盟の帝国領侵攻作戦を帝国側が受ける
(&ラインハルトの元帥府に迎撃命令が出る)
で終わり、でしょう 多分。
時間かかるなあ…やれやれ…
2018.06.06 Wednesday 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新銀英伝 第8話

[ アニメ ]
と言うことで第8話「カストロプ動乱」
感想です。

端的に言えば…前作の5話「カストロプ動乱」と
第8話「冷徹なる義眼」を30分にまとめ
ましたって話。
イゼルローン攻略に2話もかけるから
こんなに尺が足りなくなるんじゃないか〜!
と本気で思いました。
カストロプ動乱に関しては、説明なさすぎで
意味不明。
初っ端にカストロプ公の不正で蓄えた云々
の説明はいい、それはいいんですが。
何の脈絡もなくマリーンドルフ伯が捕まってる
画像を一瞬写し、なんで彼が捕まってるのか、
何者なのか全く説明ないまま、次の場面がオーディン。

やっと登場、元帥府。お歴々登場です。
キルヒアイスにカストロプ討伐任務が下り
ご機嫌斜めのビッテンフェルト、やや同調気味
のケンプ、ワーレン、ルッツにメックリンガー。

ここで1つ突っ込みたくなった…メックリンガーに
「あの2人はどう思ってる」とワーレンだったか
聞くんですが、「あの2人は元からローエングラム伯の下で
働いていたからキルヒアイス少将のことを知ってる」
と答える場面があってですね…原作通りの展開なら
特に気にしないんですが。ちょっと待った、と。

ミッタ―マイヤーとロイエンタールが以前から
指揮下にあったからって…それ本編1巻以前の
外伝1巻のエピソードの話なわけですが。
その話でラインハルトやキルヒアイスと知己になるの
あんたもでしょうが!とメックリンガーに突っ込み
たかったくらいで。
副官やってるキルヒアイスを傍で見てたでしょうが、と。
(第4次ティアマト会戦時、ラインハルト艦隊の参謀長
だったのがメックリンガーだった)
外伝での関係を前提にしてるなら、そこまでちゃんと
フォローしましょうか、中途半端です(ヤンと
ムライ、パトリチェフはちゃんとそれっぽかったのに)。

で出撃したと思えば、いきなり艦隊戦。しかも全く戦闘せず。
(原作じゃ 艦隊壊滅させたはずなんだけど)。
相手旗艦の目の前に自分の旗艦ワープさせた(?)のか
降伏を呼びかけ部下たちが裏切り「はい終わり」。
…そんな戦術可能なら、ヒューベリオンの前に戦艦
ワープさせたり、ブリュンヒルトの前にワープさせて
特攻かけて物語終わらせられるね、と冷ややかな目で
見てしまいました。設定に無理ありすぎです。
強引にカストロプを終わらせ、後はオーベルシュタインを
元帥府に取り込む話。…いやいいんだけどさ。
で 何か来週は休みらしい…は?特番?そんなもん
入れんでいいから、ちゃんと話を尺取って作ってよ。
帝国サイド、話と説明をすっ飛ばしすぎです…
第9話は「それぞれの星」だそうで。…帝国領侵攻作戦
決定話かな(予告のバックの紋章 同盟だし)。
10,11話でアムリッツァ?12話で新体制話、かな
(ラインハルト→宇宙艦隊司令長官、ヤン→イゼルローン要塞
司令官就任)ってとこで。やっぱり尺足りないと思う…
だから、後半駆け足は嫌よって言ったのになあ…(溜息)
2018.05.24 Thursday 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新銀英伝 第7話

[ アニメ ]

実はちょっと飛ばし飛ばし見てた
ので、全部綺麗に見ていないん
ですが…(後から動画か、土曜日の放送
見るようにします)
まあ 大体はつかんでるので感想いきます。

イゼルローン攻略本番。落としづらい
要塞は内部から攻略せよ、編。
…こんなにセキュリティしっかりして
いなかったと思うんだけど(旧作、原作
どっちも。むしろザル)。
…全然 血が流れなかったな…味方は
ともかく敵の帝国側まで。
(そう描いていないだけでしょうが。ふと
思った…2巻のVSオフレッサーもこうじゃない
でしょうね…まさか)
少なくとも要塞を占拠するまでは。
トールハンマー3連発で死者は出てるし、
駐留艦隊の方に。
(にしてもやっぱりブルームハルトが
おっさんすぎる…)

オーベルシュタインがさっさと見捨てて
逃げる展開になってる…確かもう少し
忠告して「出ていけ」と言われたんじゃ
なかったっけ…?記憶違いでなければ。
(でも原作1巻読んだのかなり昔だから
なあ…)
ヤンがゼークトの言葉に反応して旗艦を
狙わせ、残りを逃がすのも原作通り。

そしてようやく登場、フェザーンの黒狐。
やっと出てきたよ、ルビンスキー。
原作ではアスターテの直後に出てくるのに。
何だか細面のずる賢そうな印象に。
ボルテック、随分と年取ったねえ…

「心置きなく退役」…したかったん
でしょうけどね…ヤン提督の思惑ほど
同盟政府も市民も賢くなかっただけで。
少しでもこの時に血が流れていれば違った
んでしょうかねえ…

次回はカストロプ動乱。元帥府設立と
カストロプをいっぺんにやるのかなあ…?
でも これなしでキルヒアイスが陣営No.2
と認められるわけにいかないしなあ…
(だから他の連中、もっと早く出しとけと)
とりあえず 7話見直して備えときます…

2018.05.16 Wednesday 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新銀英伝 第6話

[ アニメ ]
しかし ちゃんとリアルタイムで
視聴してるはずなのに、なんでここまで
感想書くのが遅れてるんだか。
と言うことで第6話イゼルローン攻略
(前編)感想です。

ああ やっと第13艦隊のメインメンバー
が揃い始めた…と言った感じでしょうか。
まだ空戦隊の2人やら、アッテンボロー
やら出てきてませんが(アッテンボローは
今シリーズ登場は無理かな、とは思って
いますけど。でもOPやEDにはいるんだよなあ…
空戦隊の2人はアムリッツァがあるからね…)
フィッシャー、ムライ、パトリチェフに
引き続き、やっと登場フレデリカと
シェーンコップ。
いくら演技でもフレデリカに投げられたら
ダメでしょうが、ローゼンリッターのメンバー。

シェーンコップ若過ぎ、と思ったんですが
そういや 加わった頃って、30代前半
だったか この人(不良中年のイメージ
強すぎてね…)。
それはいい、それはいいんですが。
ブルームハルト、年食い過ぎ。
…リンツやシェーンコップの方が若い
んですけど、見た目が。
で、細工は流流仕上げを御覧じろ状態の
イゼルローン攻略開始、と言ったとこで
前半終了(今回はヤン艦隊主要メンバー
顔見世回)。

相手の拠点を奪えば、自国が逆侵攻
しない限り平和が来る…うん、そう
なんでしょうが。理屈はね…
…しかしヤンの思惑通りには…
いかないんですよねえ、この後の展開。
大体 皆を幕僚に誘っといて、この作戦
終わったら退役するんだ〜!…今考えると
結構無責任なこと言ってるような(笑)。
以前は「退役ってすぐ言うよね…」と
笑ってただけだったんですが(まあ、
それがヤンなんですけどね…)。
2018.05.11 Friday 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新銀英伝 第5話

[ アニメ ]
ということで第5話「第13艦隊誕生」の感想です。

あら 先週の最後にあったユリアンが来たばかり
の頃のエピソード、そのまますっ飛ばした。
…ユリアンって重要人物なんだけどなあ…
(背景すっ飛ばしでいきなり現代に戻したか…)

でもほとんどアスターテの慰霊祭の話でした。
まさかクリスチアン大佐をここで出すとは。
吃驚したのがジェシカを連れ出した後。
…ヤンがカーアクションやってる…これが
シェーンコップやアッテンボローやポプラン
だってなら判るけど。あのヤンが(苦笑)。

あとは憂国騎士団登場とか。トリューニヒトが
何だか普通過ぎて(おい)。いや もうちょっと
うさん臭さがないと…毒気が感じられないと言うか、
カリスマ性なさそう、この人…
まあ後から出してくるつもり、なんだろうと
思っておこう…

第13艦隊設立と司令官就任のくだりで
終わっちゃいました。さらっと「イゼルローン
攻略が最初の任務」と言われたあたり。
予告に「イゼルローン攻略(前編)」と
ありましたが…は?前後編!?
バラの模様あるし、ローゼンリッター登場か?
(13艦隊陣容固めるまでが来週?
…で 実際の作戦が後編かな)

…何か 同盟側のターン長すぎません…?
4話連続ですか…イゼルローン攻略のあと
残り5話で本当にアムリッツァまでいけるの
かしら、これ…(この作戦が大成功したばかりに
同盟が無謀な帝国侵攻することになるんだよなあ…
結果として)今回アスターテで150万人が死んだと
言われてますが…その後のアムリッツァはそれどころ
じゃない大被害を出すことにですね…(溜息)

後半の物語を駆け足でまとめるのは勘弁して
ほしいなあ…大丈夫かなあ…(不安)
2018.05.03 Thursday 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新銀英伝 第4話

[ アニメ ]

先週が帝国側の過去編なら、今週は同盟側の
過去編でした。ヤンの過去編か。
幼少期時代から同盟軍の士官学校時代。
ここがやけに長かったですが(しかも
「手ぶらのヤン」だのラップとジェシカが
幼馴染設定だの、オリジナル展開詰め込んで
きましたけど。)

ワイドボーン撃破の戦闘シミュレーションの
部分もありましたしね…ここの3人の青春時代が
結構尺とっていて、エルファシルはさらっと
行きましたね。フレデリカ、キャゼルヌ、シトレ、
最後の最後にユリアン顔見せ。そこまでは
いいんですがいくらTVシリーズでやる気ないと
いってもリンチ少将は顔見せといた方が
よくないかなあ…とは思いました。

まさかユリアンがシルバーブリッジ街の
官舎を訪ねてきたところで終わるとは
思ってませんでしたが。
次週第13艦隊誕生、だそうなので
その前に主要メンバー(過去からの継続
メンバー)顔出しさせたのかなと思いました
(例外:アッテンボロー)。

で、帝国&同盟交互が崩れましたね。
シェーンコップ登場かな…?
そのままイゼルローン攻略まで行くのか、
カストロプを間に入れるのかは分かり
ませんが、しばらく同盟編が続きそうですかね…
ユリアンを迎えいれるところからやるのか
そのまま現代に戻るのか…どっちなんでしょうねえ、
来週…

2018.04.27 Friday 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 

まさかと思ったら…

[ アニメ ]
本当にそうだった、オチ。
いや ファミリー劇場の新銀英伝の話
なんですが。次週のタイトルが
不敗の魔術師だった…
ちょっと待て、まだ”魔術師”って
呼ばれる前でしょうが!と思わず
ツッコミ入れた自分がなんともはや…
(だって”魔術師”と呼ばれるのは
イぜルローン攻略以降だし…まだ第
13艦隊さえ出来てないってば…)

 

ということで本日第3話。
…まさかのラインハルト&キルヒアイス
過去回想編。ついでに出だしは銀河帝国と
自由惑星同盟が出来たくだりの説明…
(終盤は姉に会いに行った部分のみ)
元帥府 開設お預けですか。
…展開遅くない?(じっくり描いてくれるのは
むしろいいんですが、今回とりあえず
12話しかないと知ってるだけに「は?」と。
旧作は最後までやると判ってたから話数は気に
しなかったんだよなあ…まさか110話まで
行くとは思っていなかったけど)

ああ アンネローゼ、坂本真綾さんだったのか。
とりあえず子供時代のキルヒアイスが旧版よりも
やんちゃ坊主に見えたかな、と。
…来週 どこまでやるんだろうな、ヤン編
(じゃなかった 同盟編)。
とりあえず 来週も視聴すると思います…
2018.04.17 Tuesday 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 3 PAGES | >>