Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

映画

劇場版コード・ブルー

朝起きたら、台風一過の天気でした。
ということで当初の予定通り、
本日行ってきました、映画。
おそらく昨日のブログ見ておられれば
お分かりかと思いますが、劇場版の
コード・ブルーです。

とりあえず、…要素詰め込み過ぎ感は
あったかな。
あまりにもエピソード詰め込み過ぎで
何か全体的に中途半端に終わった気が
しますけど。
と言うか 成田空港と海ほたるの2つの
件をメインで描いた方が良かったような。
部分部分に過去のシリーズ見ていれば
ちょっと目頭が熱くなりそうな場面は
ありましたが…見終わった最初の感想。
これ劇場でやる必要性あった?と思いました。
TV版の2時間SPで充分じゃないのかと。
終盤のサプライズは良かったですね…

おそらくシリーズはこれで終わりでしょうが、
「医龍」シリーズと違って、続けようとすれば
藍沢帰国後復帰で作れそうではあるけど。
10年、お疲れ様でした…しかしEDの
HANABIがボリューム控えめだった
のもせっかくの劇場版なのに、と。
(まあ あの演出のせいでしょうが、EDの)
ちょっともったいないところもいくつか
あったなあと言う印象でした。
楽しかったのでいいんですけどね…
  • 2018.07.29 Sunday
  • 20:27

映画

映画「フィレンツェ メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館(3D)」

朝起きて大雨だったので、映画どうしようと
思いましたが いつまで上映されてるか
わからないマイナー映画だし、思い切って
出かけることにしました。
シネリーブル梅田でやってた「フィレンツェ
メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館(3D )」
の映画です。美術ドキュメンタリー?かな。
でも 10:00の上映に間に合わそうと出たら
雨止んでた...(しかも 帰ってくるまで
降りませんでした)

さすがに空いてました。そりゃ 人気出るタイプ
の映画じゃなさそうだもんね...それなりに
入ってはいましたが。

感想としては イタリア芸術やルネサンスが
好きな人なら楽しめます!かな。
(私の場合 ドンピシャ)
3Dで見る彫刻はもちろん、2Dのはずの
絵画は飛び出す絵本もどきに見えるし。
建物が3Dなのは良いとして。
3D映画、めったに見ないので 「へー
こんな感じか」と面白かったです。
語り役が 豪華王ロレンツォ.デ.メディチの
設定というのも面白かったです。
でも なぜかスーツ着てるし...15世紀の
人なのに(何か 現代人がやってるんだし、
当たり前だろうと思いながらも笑ってしまった)。

最後に登場した建物、作品の一覧も
出てきて 親切設計。
楽しませていただきました...が、フィレンツェ
に行きたくなっちゃったよ...3〜4日
腰据えて あの街でのんびりしたいなあ...
(いや 多分、美術品巡りでちっとも
のんびりしてないと思いますが)と
しみじみ思ったのでした。

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 20:34

映画

相棒シリーズ XDAYとサッカー

とりあえず 昨夜のサッカーW杯
最終予選について まず一言。
負けて 残念でした…前半 あれだけ
あったチャンスで1点も入れられ
なかったのは ちょっと…でしたが。
(そうなると流れって代わったりする
もんですしね…)
次は6月、VSオーストラリア(今度は
ホーム戦)…今度こそ 決めてもらいたい
ものです…是非。

で 今日は、前売り券を買ってあった
「相棒シリーズ XDAY」を見に
行ってきました…
最後の犯人(と言うか重要参考人)を
追いつめる場面…あれじゃ SPみたい
ですよ…あれ いらなかったでしょう…
が 伊丹刑事と岩月捜査官…
なるほど、これ前提でのシーズン11の
あの関係か…と納得。
三浦&芹沢両刑事が 伊丹刑事を
見守ってるのも 中々 らしかったし。

それはともかく 角田課長(ヒマか課長)
と大河内監察官がコンビで捜査してるのに
「おおっ!?」…いや 結構面白かったです、
このコンビ…今度 是非 別ストーリーで
やって欲しいなあ…
角田課長 恰好良かったですよ…今作。

前回のスピンオフの米沢さんの話より
楽しめたと思います…陣川君が経理
の仕事してるの初めて見たし(苦笑)。
そこかしこで笑えましたしね…
相棒ファンなら 楽しめる場面が
あちこちにあったと思います…
  • 2013.03.27 Wednesday
  • 20:52

映画

映画「BRAVE HEARTS 海猿」

昨夜 思い立って(え、また
そのパターン?)、近くの映画館で
午前中の一番の(と言っても10:20
でしたが)上映で見に行ってきました。

いや 原作最終話に当たる「ジャンボ
ジェット海上着水」って話を見て
みたくなりまして(おい)。
…いつもはガランガランの映画館(と
身内が言ってた)だそうですが…見事に
満員でした…さすが公開直後。
その上 やたら子供連れが
多い…「あー ポケモンの映画か」…
当たりでした。まあ これは納得。
今日 祝日だしね…夏休みになったら
更に混むんだろうなあ、多分…

で、映画の方ですが。
面白かったです。うん 前作の3
(天然ガスプラント”レガリア”のあれ)
より ずっと面白かった…と思いました。
まあ 何せこのシリーズですから、
最後が予定調和なのは判ってるとして。
それでも ジャンボジェットの場面、
はらはらしました…(どうなるかは
想像ついてたんですけどね、いつもの
パターンだし)

主人公の仙崎、成長しましたねえ…
(いや 相変わらずの所も結構あるけど)。
3で出てきた服部くんや、一瞬 TV版に
出てた潜水士メンバー出てたりしてたのを
見て「おお 懐かしい」…とか。
伊原さん演じる嶋さん…最初 あんなに
厳しかったのに 懐柔早すぎ…とか
思わなくもなかったですが(そこは 
ツッコんでは きっといけない)…

見てて楽しかったです…にしても
えらく年齢層広い客層だったなあ…
さすがの人気かな、とちょっと思いました…
  • 2012.07.16 Monday
  • 20:52

映画

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」

予定通り 映画「阪急電車」を見に
再び 西宮ガーデンズへ行って参りました。
正確には 西宮ガーデンズ内のTOHOシネマズ
西宮OSに。

いい映画だったと思います。ほぼ原作に沿った
展開でしたし、やっぱりホッとする物語。
…でも 中央図書館カップル(柾志くんとユキちゃん)
が出てなかったので「え??」。
おかげで おばちゃん'Sとの戦いが(こら)
時江さん単独…あの2人のセリフ 好きだったので
ちょっと その点は残念…
でも 彼らの分まで描こうとすると多分、時間が
足りなくなって 話が消化不良になりそうな
気がしないでも…と思えば これはこれで良いかと。
いくら何でも 初々しい大学生(関学生)カップル
の2人に あの展開は無理だしなあ。

でも…まさか 携帯電話でスピンオフで その2人の
物語をやってるとは…しかも LISMOでか…
いや 幸い、私の携帯auですから見れますがね…
そういや この2人の出会いって、中央図書館
だもんなあ…清荒神だもんなあ…今津線じゃなくて
宝塚線だもんなあ…(親しくなるのは 今津線だけど)

で、映画を観て思った事。
時間のある時に 今津線の各駅周辺に
(一駅ずつ)ゆっくり訪れてみたいなあ
と思いました。今までやってない方も
どうかと思わないでもないんですがね…
特に 一部は自分の住んでる市内
ですしねえ…
  • 2011.04.29 Friday
  • 21:28

映画

映画「相棒 劇場版2〜警視庁占拠!特命係の一番長い夜〜」

劇場版 相棒の2作目を見に、西宮ガーデンズの
TOHOシネマズ西宮OSまで行ってきました。
内容については 思いきりネタバレ
しそうなので その辺は 書くのやめます…

…ええ まあ、あの予告じゃ もしかして?と
思ってはいましたけどね…いや でもまさかの
ED…
小西真奈美さん演じるヒロインと小沢征悦さん
演じる犯人役は なかなかいい感じでした。
それにしても ラスト…(まだ言ってる…)
思わず「えええ!?」。

少なくとも 前作の「東京ビッグシティマラソン」
よりは 事件としても面白かったと思いますが。
(いや あれはがっかりしたので)
ラストの衝撃で 何だか全部吹っ飛んで
しまったような。
これからの「相棒」って どうなっていく
んだろうなあ…大丈夫なのかしら…と
妙に不安です…
  • 2010.12.25 Saturday
  • 22:00

映画

映画「アイルトンセナ〜音速の彼方へ〜」

かつて F1が日本で大ブームだった頃、
その人気の一翼を担っていたのが
彼、”アイルトン・セナ”でした。
丁度 今から20年前後前の話になります。

ご多分に漏れず、私もF1大好きでした。
必死で 日本グランプリのチケット入手して
鳥羽や名古屋にホテル取って、週末
どっぷりと(会社は金曜は有休取ってました。
土日休みだったし)鈴鹿でF1三昧、とか
してたものです(困ったOL…)。
そして あの生での音にドツボにハマった…
今だと楽に取れそうですが、あの頃のF1チケット
はプレミアもんだったんですよ…
(ちなみに90年のセナ・プロ第1コーナー
激突を目の前で見た人です、私)

その彼の生誕50周年の記念ドキュメンタリー
映画が日本先行公開で 現在、(限られた
上映館ではありますが)上映中です(これ)。
あれから もう16年ですか…今でもあの
事故の映像まざまざと思い出せるのに…
早いなあ…(そりゃ 年取るわけだな、私…)

で、今日 実家の母に誘われて、一緒に
見に行ってきました。(母娘 揃って、当時
セナファンだったとか…いや 本当に。
何せ 一緒に鈴鹿行ってたほどですから)

映画で使われていた画像は さすがに
前のものだけあって 最初の方はかなり
映像悪いですが。後は まあまあかな、と。
あ、でも字幕読みにくかったか…
過去に見た事ある映像も多かったですが、
ドライバーミーティングの場面は初めて
見ました…あんな感じだったんだ へー…
あと 当時のブラジルの人々にとって、
彼の存在が 希望だったのだと言う
こともよく判る映像もありました…

基本は ”セナ・プロスト確執”と
”最期のイモラ”中心でしたね…
うーん 作ってるのがイギリスの会社
だからだろうけど、もう少しホンダとの
関係とか、マンセルとかピケとかベルガー
とかさーー(当時を知らない人に通用しない
こと書くなよ 私…)。
しかし あの描き方だとプロスト、
物凄い悪人だよ…(ちょっと気の毒…)
それと F1予備知識(アクティブサスとか)
なくて 判るのかな、この映画…とちょっと
思ったかなあと。(いや 当時ハマってた私
には 全く問題ないんですけどね…うん)

救いがあったとすれば、セナの事故の後
F1は安全強化がなされ、死亡事故が
なくなった、という事でしょうか。
でも ぞっとさせられる場面がなくなった
わけではないんですよね…時々 ぎょっと
する映像見る事あるし。
あれから16年…これからのF1はどうなっていく
んでしょうね…(相変わらず 政治介入は
あるようだしなあ)
  • 2010.10.24 Sunday
  • 16:18

映画

映画 のだめカンタービレ最終楽章後編

公開になったので 見に行ってきました。
TOHOシネマズ西宮OSです。
久しぶりに阪急西宮ガーデンズに
行ってきました。
2つのスクリーンでやってたので、席が結構
空きまくり…(いや 単純に平日の昼間だったから
だと思うけど)
ゆっくり好きな場所選んで見れて、良かったです。
あそこは 食事場所も一杯あるし。
今日はイタリアンでしたが(あれ、最近 イタリアン
食べてなかった?とか言わないでください…目移り
するくらい多いんですよ、あそこの飲食街…)
今度は別の店で食べよっと…

内容は…うまくまとめてたかなーと思いました。
ラストは原作より 明るく終わった気が
せんでもない…(とは言え 今、番外編
オペラ編が連載中なので これ また映像化
したり…しないよねえ?
ポスターのfin?の文字が気にならなくもない
んですが。でも 出演者のコメント聞いてると
これが最後だと言う感じだしなあ…)
ちょっと寂しいです…

真澄ちゃんまでパリに来て、大騒ぎしてたのには
笑いましたが。内緒出来たはずなのに
目立ちすぎでしょ、峰くんも真澄ちゃんも。
演奏場面が多かったので 楽しかったです。
(でも クラシックあまり興味ない人だと
辛いかもしれない…)
映画館の音響で聴くと良い感じですね…
(家にサラウンドでも付けてりゃ別でしょうが。
ないですよ、そんなもん)

あ、先着で貰えると言う入場者プレゼント
(ポストカード4枚とブックレット)はちゃんと
貰ってこれました…で、ブックレット読んでて
「あれ?」と思った事。えっ オペラ編の第1弾
(コミックス24巻)26日に出るんですかっ!?
…うわ まだだと思い込んでてノーマークだった…
チェックしないとなあ…
  • 2010.04.19 Monday
  • 22:18

映画

のだめカンタービレ 前編

昨日から公開の映画「のだめカンタービレ 前編」
を見に行ってきました。
上野 樹里さんや玉木 宏さんが23日に大阪で
舞台挨拶するらしいんですが。
そっちはスルーで。
いや その…昨日と今日、TOHOシネマズ梅田に
マングース(着ぐるみ)がやってくるらしいと
聞いてたもので、生マングース見たさに つい。
(私以上に マングースファンの主人が「行くぞ!」
と気合いが入ってましたが)

「原作とはちょっと設定違ってたね」とか
チェック入れてたら「あのな、こういうので
原作通りの訳なかろう。時間内に収めなきゃ
いけないんだから これはこれで楽しめ!」と
主人に文句言われてしまいました。
別に楽しんでなかったわけではなくて、違いを
比較してただけなんだけどな…
松田さん 相変わらず 大人げない…
(どさくさにR☆Sメンバーが出て嬉しかったですが。
あの様子じゃ 真澄ちゃんまでパリに行きそう
な気もせんでもない…)

後編は4月17日公開だそうですが。
…うわ やっぱり、のだめの世界デビューまで
やっちゃうんですか…(まあ 完結編だしなあ)
えらく凝縮された話になりそうな予感が…
エンドロール中に お手洗いに行こうとして
抜けちゃったので、私は予告見なかったんですが。
出入り口付近まで戻って 出てくる主人を待とうと
したら、すぐ横から マングースちゃんが登場。
手を振られた途端、ふらふらとそっちへ…
入ってる人 大変だったんだろうなあ…
091220_1219~04.jpg
  • 2009.12.20 Sunday
  • 21:48

映画

映画「劒岳 点の記」観賞

電車で2駅の所にある 小さな映画館で
(今年6月後半〜7月にかけて 大きい所で
上映されてた)「劒岳 点の記」が今日までとの
ことだったので 行ってきました。

一番印象に残ったのは 香川照之さんの演技と
立山連峰の美しさ。
…これ 家のTVで見るより大画面で見たい映像
でした…その意味では 正解だったのかな、と。

「これはどこから撮ったのかなー」と思いながら
画面中の 大自然の美しさにじっと見入って
おりました。
石川県に住んでたことのある私には、立山&
白山は身近な山でしたから、懐かしさも手伝ってたと
思いますけど。
ただ どっちかと言うと「山岳写真映画」的な
感じがして そういうのが苦手な人は
向かないだろうなあと思いました。
私?嫌いじゃないので 最後まで持ちましたし。
まあ 2時間30分弱は、少々長めだった気もします
けど 立山連峰と劒岳の映像で和みました。
映画にはクラシック音楽も多用されてたので、
「ああ こういう場面でこの曲か、なるほど」
クラシック好きな私としては 嬉しかったです。

そういえば「のだめカンタービレ」の連載が
次号で最終回だそうで。
22巻読んだときに「もう終わる気かな」とちょっと
思ったりもしたので 「ああ やっぱり」と
感じて 少々寂しくなりました…
  • 2009.10.02 Friday
  • 21:56